【YouTube攻略】フリー音楽素材の入手方法と注意点

音楽の入手方法と注意点について解説します。

入手方法について
1 フリー音楽素材のWebページ
2 YouTubeのオーディオライブラリー

主にこの2パターンになると思われます。

フリー音楽素材のWebページ
フリーで画像を提供しているサービスがたくさんあります。
一つ例を上げると以下のようなサイト

  甘茶の音楽工房

Googleで「フリー 音楽 素材」などで検索すればたくさん出てきます。

YouTubeのオーディオライブラリ(←ココをクリック!)
Googleがフリーの音楽を用意してくれています。
① 欲しいジャンルを選択する。
・ ジャンル(ロック、クラシックなど音楽のジャンル)
・ 気分(ドラマチック、幸せ、怖いなど曲の雰囲気)
・ 楽器(使用される楽器)
・ 長さ(曲の長さ)
② 視聴する。
③ 気に入ったらダウンロードする。

YouTubeは著作権のチェックが非常に厳しくなっています。
ビデオカメラで町中を撮影してアップロードしても、USEN等の音楽などがバックで録音してしまえばロボットが自動的に判別して警告を出してきます。

使用する音楽には気をつけましょう。

【YouTube攻略】フリー画像素材の入手方法と注意点

画像の入手方法と注意点について解説します。

入手方法について
1 フリー画像素材のWebページ
2 Google画像検索

主にこの2パターンになると思われます。

フリー画像素材のWebページ
フリーで画像を提供しているサービスがたくさんあります。
一つ例を上げると以下のようなサイト

  ぱくたそ

Googleで「フリー 画像 素材」などで検索すればたくさん出てきます。

Google画像検索
Googleで欲しい写真を検索します。
例:海で検索
20150528-095606

画像をクリック
20150528-095627

すると関連する画像がたくさん出てきます。

Googleの画像検索は著作権フリーでは無い画像もたくさん出てきます。
著作権フリーの画像のみを表示させたいときは
「検索ツール」→「ライセンスでフィルタリングしない」を「再使用が許可された画像」
に設定します。
20150528-100017

目的の画像をクリックし画像を表示させてから、右クリックしてファイルに保存してください。
20150528-100647
※ 画像をクリックして大きな画像を表示させないと、サムネイルの小さい画像をダウンロードしてしまいます。

注意点
画像を入手するに当たり、解像度(写真の大きさ)に注意して下さい。
ルールは
・ 大は小を兼ねる
・ でも大き過ぎはダメ
です。

大きい写真を小さくするのは圧縮すれば可能です。
しかし、元が小さい写真を引き伸ばすと以下のようになります。
※ 二つとも同じファイルで、元の解像度は128×128です。
Waterfox_icon_for_user
↑ 128 x 128 ↑ ↓ 600 x 600 ↓

Waterfox_icon_for_user

動画に埋め込むときは画像サイズが「1280 x 768」ぐらいが好ましいでしょう。
HDサイズ 「1280 x 768」
FullHDサイズ 「1920 x 1080」

画像をダウンロードするときは解像度を注意してみて下さい。

Google画像検索では、サムネイルにアイコンを持って行けば解像度が表示されます。
20150528-095055
この図では右上の写真は「4752 x 3168」というかなり大きいサイズになっています。
ここまで大きいとファイルサイズも5MB近くになり、視聴者側に迷惑がかかってしまいます。

【YouTube攻略】パソコンの画面を動画として取り込む方法

パソコンの画面をそのまま動画として取り込む方法を解説します。

主に使い方の解説動画やゲームレビューなどに活躍できます。
※ このような物を作るのに便利です。

Windows編
Windowsでは有料アプリと無料アプリがあります。
無料ソフトは「設定が面倒」「英語ソフト」「制限がある」と若干敷居が高いですが
設定が完了すれば無料で使用できます。
有料ソフトは設定が簡単だがお金がかかります。

無料ソフト
アマレココ
(←ダウンロードはこちらから)
完全日本語版のフリーソフトです。
正式にはWindowsXP用となっていますが、Windows8.1でも使用できます。
設定は難しいですが、高機能で制限等はありません。
また、作成される動画ファイルの形式が特殊なため
有料パソコンソフトでは編集できない可能性があります。
※ Windowsムービーメーカーであれば編集可

CamStudio(←ダウンロードはこちらから)
アマレココよりも簡単ですが、英語のプログラムです。
また、インストール時に中国産のプログラムをインストールしようと促されます。
※ 拒否することは可能

有料ソフト
Bandicam(←ダウンロードはこちらから)
韓国産のキャプチャソフトで、無料試用版もあります。
試用版ではロゴが入ってしまうのと、取得時間に制限があるため
使用するのであればライセンス購入をお勧めします。
約4,000円かかりますが、使い勝手は非常に良くオススメできます。
同社が開発しているGOM Playerも非常に使い勝手が良くオススメな動画再生ソフトです。

Camtasia Studio(←ダウンロードはこちらから)
有料の動画編集ソフトで、キャプチャ機能も搭載されています。
お値段は高価(約35,000円)ですが、機能としては最もオススメできます。
Windowsムービーメーカーではかゆいところに手が届かないですが
本ソフトではいろいろな使い方が出来ます。

 

Macintosh編
Macintoshでは標準に搭載されているQuickTimeで画面のキャプチャをすることが出来ます。

【YouTube攻略】素材の入手方法

人の作った物を勝手に使用すると違法になる著作権という物が存在します。

そのため、勝手に素材を利用することは出来ませんが
世の中には著作権フリーとして自由に使って下さい!
というサイトがたくさんあります。

また、自分で撮影したスマホの動画、ビデオカメラの動画を取り込む一般的な方法も紹介します。

これらの方法を紹介していこうと思います。

【YouTube攻略】スマホで動画を撮影して投稿(iPhone)

iPhoneから動画をアップロードする方法について解説をします。

iPhoneから動画をアップロードする時に「公開できません」というエラーが出る場合は
以下設定を行ってから試してみて下さい。
YouTubeアカウント開設(チャンネル作成)

参考になる動画がありましたので紹介します。

【YouTube攻略】カードの使い方

カードはアノテーションと同じく、動画内に埋め込む機能で

・ YouTube動画の紹介を埋め込む
・ 関連ウェブサイトのリンクを埋め込む

等の機能があります。
※ 関連ウェブサイトにジャンプする機能は以下設定が必要です。
15分以上の動画アップロード設定における補足

詳しい設定方法の解説がありましたので紹介します。

【YouTube攻略】アノテーションの使い方

アノテーションとは動画内に文字を入れるための機能です。
「チャンネル登録はこちら↓↓↓」
「○○といったことが出来ます!」
のような文字を自由に追加することが出来ます。

また、「詳しくはこちらをクリック!」とアノテーション自体をクリックすることにより
特定のページにリンクを飛ばすことも可能です。
※ 特定のページにジャンプする機能は以下設定が必要です。
15分以上の動画アップロード設定における補足

詳しい設定方法の解説がありましたので紹介します。

【YouTube攻略】15分以上の動画アップロード設定における補足

デフォルトの設定では15分以上の動画をアップロードすることが出来ません。
この設定を有効にすることにより、15分以上の動画をアップロードすることが出来るようになるだけで無く
外部サイトに直接リンクを飛ばすことが出来るようになります。

ただし、有効にするためには以下の点で注意が必要です。

・ 電話による認証が必要
・ 設定はチャンネル毎に必要
・ 同じ番号で認証が出来るのは2つまで

何も考えずにこの設定を有効にすると、チャンネルが増えた分だけ電話が必要になってしまいます。
そのため、必要を見極めて有効にするようにしましょう。

解説動画を作成しましたので参照して下さい。

マイクを新調しました!

昨日作成した動画はあまりに音質が悪かったので、sonyのコンデンサーマイクを買ってきました。

ECM-PCV80U

amazonでランキング1位
カカクコムでもランキング1位
超ド定番商品のようです。

ヨドバシ千葉店で購入しましたが、2,500円ぐらい。
ポイントもつくので他より安いですね!

実力のほどは以下で比較して下さい。

【YouTube攻略】YouTubeの収益化

YouTubeの収益化をするために2つの作業が必要となります。
・ 収益化のための初期設定(初回のみ)
・ 動画ごとの収益化設定(動画アップロードごと)

なお、初期設定はチャンネルごとに設定を行う必要があります。新規でチャンネルを開設した場合は再度収益化の初期設定を行って下さい。

収益化方法について動画を作成しましたので参照して下さい。