おすすめのドライブ構成

channel3

過去の動画でWindowsにはCドライブ、Dドライブなどのドライブという概念があることを説明しました。
※ 過去の記事はこちらを参照して下さい。

実際の所、ドライブを分けた方が良いのか?
ですが、間違いなく分けた方が良いです。

WindowsのシステムをCドライブ
データをDドライブ
に保存しておけば、データのバックアップを取るのは
Dドライブを丸々取得すれば良くなり簡単になります。

また、Windowsのシステムが不具合を起こしてリカバリをする必要があるときに
Cドライブのみをリカバリなどが可能となりデータの復旧が簡単になります。

作ってから思ったけど、個別の動画にするほどの内容ではなかったかも。。。


ぷちめも1

Cドライブだけのメーカー製パソコン

なぜメーカー製のパソコンではCドライブだけのパソコンがあるのでしょう?

これは予想ですが
ドライブの概念を理解していないユーザーさんが多いからだと思います。
メーカーのサポートなどに
「Cドライブがいっぱいになったけどどうすれば良いですか?」
と言う問い合わせが来たけど、Dドライブは空だった
chi
など

それで、リスクは上がるけどCドライブの1ドライブにしてしまおう!
的な

とは言っても、データのバックアップや管理を考えると
CとDに分けた方が良いのは明白なので、分けた方が良いと思います。


ぷちめも2

複数の物理ドライブ環境でのおすすめ構成

複数の物理ドライブが搭載できるデスクトップパソコンなどでは
1物理ドライブ、1ドライブ構成にするのがおすすめです。
※ 物理ドライブと論理ドライブについては過去記事を参照して下さい。

1つのドライブで転送できるデータ量は決まっています。
道路と同じで、道の広さに対して同時に走れる車の量には限界がある。
car_kousokudouro
と言うことです。

そのため、1物理ドライブを2ドライブ構成にして
disk2
Cドライブにシステム領域
Dドライブにデータ領域
としても、システムとデータを同時に読み込むときに
同じ物理HDD上のデータを読み込むことになります。

例えば
棚から商品を取り出す人います。

1人で10個の商品を探す人が2組いる場合
1人で20個の商品を探す人
vlcsnap-2016-02-26-16h52m40s831
どちらの方が早く終わりますか?

と言うことですね!

ドライブの空き容量 ディスククリーンアップツールの使い方

channel2

ドライブの空き容量
十分に確保していますか?

特にシステム領域であるCドライブは
空き容量が少なくなると動作が不安定になったり
全体的な速度が遅くなったりすることがあります。

Cドライブの領域確保の方法はいくつかありますが
Dドライブなど他のドライブがあれば
まずはユーザーフォルダを他の場所に移動することをおすすめします。
※ こちらの記事を参照して下さい。

ここでは簡単に空き容量を確保できるクリーンアップツールを紹介します。

ドライブのプロパティを開き
vlcsnap-2016-02-26-11h15m38s445
ディスクのクリーンアップを開きます。
vlcsnap-2016-02-26-11h15m51s806

すべてにチェックを入れて実行!
※ 消しても大丈夫と思う物にチェックを入れてokをして下さい。
この項目はすべて削除しても大事なデータが消えてしまったりすることはありません。
20160226-111647

システムファイルのクリーンアップを行うとさらに空き容量を確保できます。

システムファイルを全部削除すると障害時に復旧するための一時ファイルも削除されます。
現在システムが安定しているのであれば削除しても問題ないですが
あなたのシステムが現在安定していないのであれば削除しない方が良いでしょう。
20160226-111930

また、Windows7や8からWindows10にアップデートしたときに
元の7や8に戻すための復元ファイルもこの作業で削除することが出来ます。
20160226-111812


ぷちめも1

壊れることもある

Windowsのシステムは日常的に色々なデータを作成、加工、削除を行っています。
その時に空き容量が本当になくなってしまうとWindowsが本当に壊れてしまうことがあります。
重傷の場合は完全に起動不能の修復不能状態になることもあります。

そうなると工場出荷時にリカバリする必要がありますので
必ずCドライブの空きはある程度確保しましょう。

どのぐらい空けておく必要があれば良いかですが
今後のWindowsアップデートなどで増加もありますので
最低でも10GBは必須
出来れば30GBぐらい空けておきましょう。


ぷちめも2

WindowsXPまでは少なかった

昔のWindowsXP時代は、システムだけで3~4GBぐらいでした。
そのため、Cドライブは30GBもあれば安心でした。
xp

WindowsUpdateで増える容量もたかがしれてたし
どのぐらい増えるか想像がついたんですね。

ですが、最近のWindowsは仕様が変わり
Cドライブの自然増加が一気に進みました。
また、一般的なアプリケーションも容量が増えましたしね。
7

100GBぐらいは確保した方が良いと思います。

ペイントの意外な使い方2 トリミングとモザイク

channel2

昨日に引き続きペイントの意外な使い方を紹介します。
まだ、昨日の動画を見ていない方は、是非見て下さい!
※ ペイントの意外な使い方1 ハイライト

これは動画を見てもらった方がわかりやすいと思います!

その2 トリミング
必要な部分だけを切り出す作業をトリミングと言います。
例えばこんな画像ファイルから
20160221-084620

ここだけを取り出す事
20160221-084815

特にドット単位のトリミングにはこのペイントが一番使いやすいと思っています。

私がよくやるのは、ウィンドウのトリミング
デスクトップ全体をキャプチャして、ペイントでトリミング

やり方の結論から言うと
画像の左と上を全体選択から画像全体をトリミング
画像の右と下をポッチをドラッグしてトリミング

画像の左と上を全体選択から画像全体をトリミング
「Ctrl+A」で画像全体を選択すると
keybord_ctrl+a

ペイントの中で画像を好きに移動できるようになるので
画像を大雑把に左上によせます。
20160221-090333

画像を拡大鏡で画像を拡大して
左側と上のぎりぎりまでトリミングします。
20160221-090419

画像の右と下をポッチをドラッグしてトリミング
画像の右側と下の真ん中に白いポッチがあります。
20160221-090642

これをドラッグするとトリミングが出来ます。
20160221-090821

後は左側と上を拡大してトリミングしたのと同じ要領で
下と右も拡大してドット単位のトリミングをします。
20160221-091010

単純にウィンドウのみをキャプチャするだけであれば「Alt+PrintScreen」でキャプチャできますが
※ 使えるショートカット7 画面のキャプチャ

こんなメニューを表示した状態のキャプチャはトリミングが必須になります!
Alt押した瞬間にメニュー消えちゃいますからね!
20160221-091508

その3 モザイク
例えばこんな写真
ナンバープレートだけモザイク入れたいなと言うとき
vlcsnap-2016-02-21-09h25m14s182

そこだけを囲って~
vlcsnap-2016-02-21-09h25m44s082

vlcsnap-2016-02-21-09h26m14s531
縮小して~
拡大して~
縮小して~
拡大して~
この拡大縮小を極端に何回かやるとモザイクになる

ほぞん!
モザイク完成!!
vlcsnap-2016-02-21-09h27m06s949

以上意外な使い方3種でした!

結構便利だと思いませんか?
個人的には必須アプリです。


ぷちめも1

今日はお休み!

ペイントの意外な使い方1 ハイライト

channel2

windowsに標準でインストールされているドローソフトのペイント
画像処理が出来るお絵かきソフトですね。
実はこれ、以外と使えるんです。

利点は、なんと言っても軽くて簡単!
私がよく使うおすすめテクニックを紹介します。

お絵かきする使い方では使っていません。
主に加工用で使ってますので
ちょっと特殊な使い方の説明のみになります。

その1 ハイライト
単純に、何かを目立たせたいときに使えます。
元の画像を用意して、この四角もしくは角丸四角形、もしくは円を選択します。
vlcsnap-2016-02-21-08h24m21s437

色を選択します。
vlcsnap-2016-02-21-08h25m08s128

で、後はずいずいっと囲います。
これを何重か行えば、見た目もかっこよくなります。
vlcsnap-2016-02-21-08h25m30s432
※ サクラエディタのアイコンを赤丸で囲ってみました。

線の太さはこちらで変えられます。
vlcsnap-2016-02-21-08h26m11s537


ぷちめも1

デメリット

このように簡単に扱えるペイントですが
やはり欠点もあります。

ぱっと思いつくデメリットが1つ
画像を保存するときに画質調整が出来ない点です。

通常レタッチソフトでjpgなどに保存するときは画質が選べます。
画質が良い = ファイルサイズ大
画質が悪い = ファイルサイズ小
20160220-080044
レタッチソフト GIMPでの例

XPなどのちょっと古いWindowsでは、画質が悪かったです。
明らかに画質が劣化していました。
グラデーションとか明らかにシマシマになってました(笑)

Windows7以降ぐらいは画質は良くなったのですが
逆にサイズがかなり増えました。

例を出しますと、このデスクトップの画面をキャプチャしたファイル
約250KBほどです。

これをペイントで起動してそのまま上書き保存
すると、400KB以上のサイズ
約2倍になってしまいました。

WordやExcelに貼り付けて自分だけで行う作業の時は問題ありませんが
それをメールで送ったり、ブログに公開したときなどはもうちょっと小さいサイズの方が良いかな
とも思いますが

この簡単さになれると、やっぱりペイント使っちゃいます。

 

ドライブレターを変更しよう

channel2

前日の続きとなりますので
こちらの記事がまだのかたは最初にこちらからどうぞ
ドライブってなんぞ?

昨日の記事でドライブレターはCから順番にCDEFGと振られていくと説明をしました。
このドライブレターは変更することができます。

やり方はこちら
マイコンピュータを右クリックの管理
※ デスクトップにマイコンピュータがない場合はこちらの記事を参照
20160218-221345

ディスクの管理を開く
20160218-221525

変更したいドライブを右クリックし
ドライブ文字とパスの変更
20160218-221837

現在のドライブをクリックし、変更をクリック
20160218-221722

次のドライブ文字を割り当てるのプルダウンから好きな文字を設定する。
20160218-222023

この設定は基本的にパソコンの初期設定かHDDを増設したとき
ぐらいしかいじることがないと思います。


ぷちめも1

CD/DVDドライブのドライブレターを変更

物理HDDが1つに、DVDドライブが1つのパソコンにWindowsを新規インストール
CがHDD
DがDVD
のところにHDDを1つ増設すると
新しいHDDがEドライブになってしまいます。
20160218-101720
CがHDD
DがDVD
EがHDD
でもシステムに問題はありませんが
見た目がよろしくありません。

DVDを後ろの方のドライブレターに変更しておけばこのようなことは起きません 。
20160218-101838

CがHDD
DもHDD
とんで
QがCD/DVD

のようになっていれば、HDDの増設をしても、USBメモリをつけても
それはEドライブになります。

 


ぷちめも2

ドライブレター変更の注意点

プログラムやショートカットが設定されているドライブは変更しない方が良いです。

例えば、DドライブをZドライブに変更したとしましょう。
そして、Dドライブにドキュメントファイルが沢山保存されており
それの一部をデスクトップにショートカットとして保存していた場合

そのショートカットは動作しなくなります。

同じようにプログラムなどがインストールされているドライブを変更しても
プログラムが動作しなくなる可能性が高くなります。

当然と言えば当然ですが(笑)

ドライブってなんぞ?

channel2

Windowsにはドライブという概念があります。
マイコンピュータをあけると○○(C:)のようにアルファベットが書いてある物がそうです。
20160217-213331

主にデータ記憶につかう入れ物
内蔵HDD(ハードディスクドライブ)
CD/DVDなどのディスクメディア
USBメモリ、HDDなどのリムーバブルメディア
disks
などを指します。

ドライブはWindows上でアルファベット順、Aから順番にZとまで自動的に振られます。
この割り振られるアルファベットのことをドライブレターと呼び
Cドライブ、Dドライブと呼ばれます。

なお、AとBドライブはフロッピーディスク用のドライブなので
使用されるのはCドライブからです。
※ 詳細はこちらの記事「ファイルとフォルダの場所(パス)」参照

Windowsが標準でインストールされるのは一番若いCドライブとなり
Cドライブ=Windowsのシステムドライブとなります。

HDDが最初から複数搭載されていれば、その分ドライブが割り当てられます。
物理的に3つのHDDがある場合は、Cドライブ、Dドライブ、Eドライブとなります。
vlcsnap-2016-02-17-21h44m03s806

CD/DVDなどのディスクドライブがあれば、HDDの後に自動的に割り振られます。
物理HDDが3つ(CDEドライブ)の構成にDVDドライブの構成の場合は
DVDはFドライブとなります。

USBメモリ等の取り外し可能なメディアを上記構成に取り付けた場合は
USBメモリがGドライブとなります。
20160217-214717
こんな感じですね。


ぷちめも1

1つのHDDを複数のドライブに

ドライブには物理ドライブと論理ドライブという物があり
1つのHDD(物理ドライブ)を複数のドライブ(論理ドライブ)に設定することが出来ます。

物理ドライブとは文字通り、物理的な1つのHDD
Western_Digital_WD800_Hard_Disk_A

論理ドライブとはHDDの中身を分割し
複数のドライブを作ることができます。
disk2

500GBのHDDを
Cドライブに200GB
Dドライブに300GB
と言った形に分けることが出来ます。
20160217-215504
図のCドライブとDドライブがその状態
256GBのディスクに
Cドライブに80GB
Dドライブに150G
ぐらいに設定しています。

この複数のドライブに分割することを
パーティション(を分ける)と言います。

と言ってもこの設定はディスクを初期化するときに出来る技で
すでに運用中のHDDでは設定しない方が良いです。
※ 技術的には出来るけど危険

動画では実際にUSBのHDDを使って2つパーティションを作りました。
実際の作業はディスクの管理を使って行いますが、この場では説明を省略します。

そのうちHDDを増設する!
といった記事を作りますので、その時に詳しく説明をします!

デスクトップにアイコンがいっぱい

channel2

あなたのデスクトップ
アイコンいっぱいになっていませんか?
vlcsnap-2016-02-16-13h10m00s368

使っていないアイコンは出来るだけ処分した方が良いです。
ここでは簡単にアイコンを整理する方法について解説をします。

まず、デスクトップ上に1つフォルダを作ります。
フォルダ名は何でも良いですがここでは「old desktop」とします。
vlcsnap-2016-02-16-13h10m39s787

そして、デスクトップ上の全ファイルを、一端ここにぶち込みます。
vlcsnap-2016-02-16-13h11m48s455
はい、きれいになりました!
20160216-124726

後は、どうしても使うアイコンだけを
またデスクトップ上に戻せば良いですよね!


ぷちめも1

デメリット

見た目が悪いだけでなく
デスクトップにアイコンが大量にあるとデメリットがあります。

フォルダを開いたとき、ファイルの中身がなんなのかをWindowsは自動的に確認します。
画像ファイルであれば、小さく画像が表示されますよね。
20160216-131334
他にもどんなファイルが入っているかチェックされます。
ショートカットであれば、リンク先を全部チェックします。

過去の記事でデスクトップもフォルダで
デスクトップは動かせないフォルダが背景に張り付いていることを説明しました。
※ 詳細はユーザーフォルダってなんぞ?を参照

つまり、毎回パソコンを起動するたびに
デスクトップ上のファイルをすべてチェックすることになるんですね。

よって、デスクトップ上にアイコンが沢山ありすぎると
パソコンの起動そのものと、全体的な動作が遅くなります。

と、言っても
最近のパソコンは性能がかなり良いのが多いので
そこまで体感で感じられない場合もあります。

 

ユーザーフォルダってなんぞ?

channel2

Windowsのパソコンを使っていると誰もが目にするデスクトップ
ドキュメントの保存場所のマイドキュメント
写真の保存場所のマイピクチャ

これらをユーザーフォルダと呼びます。
20160216-124431

特別に操作をしない限り、自分で作成したファイルや入手したファイルは
このユーザーフォルダのどこかに保存されると思います。

さて、このユーザーフォルダ
どこに保存されているのでしょうか?

デフォルトの設定では
C:\Users\○○
に存在しています。
○○はログインしているアカウントの名前です。
※ パス(C:\Users\○○)の見方はこちらを参照して下さい。

ユーザーフォルダにデスクトップやドキュメント、ピクチャなどのフォルダがあります。
20160216-125021

例えばデスクトップ
20160216-124726
デスクトップといえば、デスクトップ画面にファイルやフォルダが保存できますが
これもフォルダなんです。
デスクトップというフォルダが移動や終了できない状態で
そのまま画面の背景として埋め込まれてる感じです。

その場所がC:\Users\○○\desktopなんですね。

そのため
vlcsnap-2016-02-16-12h49m27s156
C:\Users\○○\desktop のファイルを消すと(新しいフォルダ)
vlcsnap-2016-02-16-12h49m32s621
デスクトップ上の同じファイルが消えます。


ぷちめも1

ユーザーフォルダは違う場所に変更できる

初期値ではC:\Users\○○に各ユーザーフォルダがありますが
それぞれ好きな場所に変更することが出来ます。

やり方はこちら
それぞれのアイコンのプロパティを開き
20160216-125459
場所タブを変更します。
20160216-125504

例えば、デスクトップの場所を
E:\data\desktop
に変更すれば、デスクトップの場所がEドライブのその場所に変更されます。


ぷちめも2

ユーザーフォルダの場所を変更する意味

変更する意味は特に別ドライブにしたときに意味があります。

例えば、CドライブからEドライブなど他のドライブに変更した場合
Eドライブを丸々定期的にバックアップを取っておけば
パソコンに障害が発生したときでもデータは無事になります。
20160216-125811
※ ドライブについてはこちらの記事を参照して下さい。

また、システムが復旧不能になっても
システム領域であるCドライブのみをリカバリさせて
20160216-125811_2
リカバリ後に各ユーザードライブをEドライブに戻 せば
デスクトップやマイドキュメントなどが一気に復旧します。

障害以外でも、SSDを搭載しているシステムにも有効ですね。
SSDはHDDに比べて高速ですが、容量が少ないと言う欠点があります。
Windowsのシステムは高速に動作するSSDのCドライブに
沢山のデータは大容量のHDDのDドライブに
など

ちなみに私の環境はCとDがSSD、EドライブがHDDです。
そのためデスクトップなどのデータは全てEドライブに保存しています。

デスクトップにシステムアイコンを表示

channel2

私のデスクトップにはPC(マイコンピュータ)やユーザーフォルダが表示されています。
20160215-211917

最近のWindowsのデフォルト設定では
デスクトップ上にゴミ箱しか表示されていなかったと思います。

マイコンピュータとユーザーフォルダぐらいは表示されていた方が
色々と作業効率は良いと思いますので
これの表示方法を解説します。

設定方法は複数あるのですが
Windows7、8.1、10すべてで共通する方法で解説をします。

コントロールパネルを起動して「個人設定」を開きます。
20160215-212122
※ コントロールパネルについては過去の記事を参照して下さい。

左側の「デスクトップアイコンの変更」をクリックします。
20160215-212315

表示したい項目にチェックをして、OKをクリックします。
20160215-212320

コンピュータとユーザーのファイルとゴミ箱が表示できていればOKです。


ぷちめも1

デスクトップ上から個人設定

デスクトップ上の何もないところで右クリックをすると
「個人設定」ってありますが、これじゃダメなの?

と疑問に思う人がいるかもしれないです。
20160215-212532
はい、それでもOKです。

なぜ、コンパネから開いたかですが
Windows10でこれをやると、設定項目が全く別の所にあるんですよね。。。
20160215-212606
これはWindows10の個人設定画面

7と8.1はそれで良かったのですが、10とのやり方と一緒にしたかっただけだったりします(笑)
Windows10でもコンパネから個人設定を開くと、以前のバージョンと同じ個人設定が開きます。